本文へスキップ

徳島県徳島市の探偵社。浮気調査はジェイリサ−チ探偵事務所にお任せ下さい。

   

徳島県徳島市の探偵社 浮気調査と不倫関係の解消をサポ−トする探偵社

ジェイリサ−チ探偵事務所は、1987年創業、徳島で30年の実績のある探偵社です。

徳島県徳島市の浮気調査と証拠収集

■ 浮気調査 & 浮気の証拠収集サポ−ト ■

徳島の探偵社に浮気調査の依頼を検討中の方。高額な業者の見積で依頼を断念された方。
その探偵社の浮気調査の見積価格は、適正な料金だと思いますか? 同一条件の見積でも業者によ り大きく異なります。探偵社や興信所に関する苦情の中で最も多いのが、調査料金に関するラブルです。安心して利用する為には、複数の業者から見積を取るとことをお薦めします。 当探偵事務所には、他社の高額な見積で依頼を断念された方からの、相談が多くあります。
想像を超える高額な費用の見積で依頼を断念された方。配偶者の浮気は確実で何とか証拠を掴みたい。 とお考えの方に対しては、当社が創業当時から独自に行っている「証拠収集サポ−ト」で、ご自身で証拠収集が行える様、探偵の調査手法の指導と調査機器のレンタルを行っています。探偵と依頼者が強力して浮気の証拠収集が行える様にサポ−トしています。



徳島県徳島市の浮気調査&不倫関係解消

■ 不倫関係解消 & 夫婦関係修復 ■

不倫関係を解消して、円満な夫婦関係の再生をサポ−ト。
配偶者の浮気問題で離婚するケ−スは低く、実に8割以上の方が浮気問題を解決できれば、もう一度 やり直したいと、夫婦関係の円満な修復を望んでいます。探偵社に依頼して決定的な浮気の証拠を入手した場合、それからが最も重要な問題の解決に向けたスタ−トです。

夫婦二人だけで話し合う場合、親族を交えて話し合いをする場合でも、配偶者に対する交渉方法や対応方法を誤れば問題の解決は困難になり、配偶者は開き直り不倫関係を継続させます。
この確率は、あなたが想像する以上に高いもので、一時的に浮気が解消しても再発することは少なくはありません。不倫関係を完全に解消させ、再発させない様にする重要なポイントは、根本的な関係の解消と配偶者への対応方法であり、私共がこれまでの実績と経験を元に全面的にサポ−トさせて頂きます。

不倫関係解消&夫婦関係修復の詳細ペ−ジ


徳島の浮気調査機器レンタル

      
■ 調査機器レンタル & 浮気調査方法指導 ■

探偵社の調査員が実際に浮気調査で使用する、各種調査機器のレンタルと証拠収集方法の指導を行っています。配偶者の浮気の証拠を収集する為に、ご自身で配偶者の行動を調査される方もいますが、調べていることが配偶者に発覚する場合や、決定的な浮気の証拠収集に失敗することもあり、特に一度素行調査が発覚した場合には、本人の警戒心が強くなり、証拠収集が難しくなります。

浮気の証拠収集については、プロの探偵と一般の方の違いは、調査手法と証拠収集方法であり、このテクニックを取得すれば失敗することはなく、実際に多くのがご自身で証拠収集を行っています。また、素行調査は自分で行えるが証拠撮影に不安な場合は、証拠撮影の代行や同行しての指導も行っています。

調査機器レンタル&浮気調査方法指導の詳細ペ−ジ


徳島県徳島市の家出調査 行方不明者の捜索

■ 家出調査 & 行方不明者の捜索 ■

配偶者や子供が突然家出をした場合、残された家族は途方に暮れます。家出した原因が明確な場合と、全く原因不明の状態で家出をする場合があります。「仕事の問題」「人間関係」「借金問題」「異性問題」「いじめ」等の理由があり、それは家族にも解らない悩みや問題を本人が 一人で抱え込み、結果的に深刻な状況になる場合があり、家出した本人を発見して帰宅した場合でも、この悩みや問題を根本的に解決しないと、繰り返し家出をすることがあります。 特に未成年者の場合には、叱らずに充分に話しを聞く必要があります。

警察が行方不明者届を受理してから、発見又は行方不明者本人の意思で戻る場合を含めると、71.5%が1週間以内に発見されていますが、1週間を過ぎると発見確率は著しく低下します。行方不明になった本人も、家出をしたものの、生活に行き詰まり「探し出して欲しい。帰りたいけど勇気がない。」と考えていることもあり、出来るだけ早期に発見するための行動を起こすことが重要です。

家出調査&行方不明者捜索の詳細ペ−ジ


徳島県徳島市の盗聴器発見 盗撮カメラ発見調査と浮気調査

■ 盗聴電波は半永久的に発信続けます ■

恋愛感情 スト−カ− 変質者 夫婦間トラブル 親族間トラブル 侵入目的  一般家庭に盗聴器や盗撮カメラを仕掛ける目的は、上記の他元交際相手や元配偶者が行うこともあり、恐ろしいことは盗聴・盗撮犯に入手された、プライバシ−に関する情報の利用目的です。嫌がらせや復讐目的で利用たしり、遺産相続や親族間の問題で盗聴を行う場合があります。

オフィスに盗聴器を設置する目的は、会議内容の盗聴や機密情報の収集他、社内間のトラブルで上司が部下又は、部下が上司の会話を盗聴するケ−スもあります。 また、営業時間内に不特定多数の顧客が出入りする店舗の場合には、窃盗犯が無人であることを確認するために、盗聴器を設置することもあります。

□ 一般家庭、オフィス、店舗などあらゆる場所が危険にさらされています。

盗聴器は年間30万個以上販売されており、盗聴器の販売や購入自体を罰する法律は無く、ネットで簡単に購入することができ、1万円未満の簡易型盗聴器や、10万円以上の高性能の盗聴器があります。、高性能の盗聴器を仕掛けられた場合には、一般に販売されている盗聴発見器では見つけることはできません。

盗聴器発見調査&盗撮カメラ発見調査の詳細ペ−ジ


売上金の着服 窃盗不正の証拠収集徳島県

■ 売上金着服・窃盗の証拠収集 ■

販売業・サ−ビス業・飲食関連のスタッフによる売上金の着服では、1回の被害が少額であっても長期的に繰り返されることで、実行犯の行動は大胆となり1回あたりの被害金額も高額になります。 徳島で実際にあった売上金の着服事案では、従業員が数名程度の小規模な店舗の場合でも、横領が長期化して被害金額が200万円以上になった事例もあります。犯行は徐々に大胆になる傾向があり、 最初は少額な被害でも発見が遅れると、莫大な被害金額となり経営の危機に陥る場合もあります。

犯行の決定的な証拠を入手する方法としては、小型のスパイカメラを設置します。通常の防犯カメラは犯行の事前阻止を目的に設置しますが、スパイカメラは証拠収集に適しています。

従業員の売上金着服の詳細ペ−ジ


徳島の企業不正防止対策 横領 情報流失 商品横流し

■ 横領・不正取引・横流し・情報流失 ■

企業の資産や財産を私的流用する不正行為には、新聞紙上を賑わすような大手企業の巨額不正事件の印象がありますが、社員による不正行為は大企業より中小企業に多いのが実態です。 資産の不正流用は、社員が単独で行う場合と、取引先など部外者と共謀する場合もあり、 取引先と共謀した場合には事実の発見が困難になり、早期に対策を取ることが必要になります。不正防止対策の第一歩として、どの様な不正が発生する可能性があるのか、予め把握しておく必要があります。一般的に多い横領の手口としては、経費の私的流用や取引先と共謀した架空請求の他、自社製品をオ−クションで販売、会社の備品・販促用金券の換金等があります。

社内不正防止対策の詳細ペ−ジ


徳島ストーカー被害相談室

■ ストーカー被害救済「身辺警護・危機管理」 ■

警察庁が発表したストーカー事案の認知件数は、年間2万件を超えています。 被害者の89%が女性であり、年齢別では20歳代が35% 30歳代が26% 40歳代が18% 10歳代が9%で、一方、加害者の85%が男性で、その内23%が30歳代と発表されています。 これは警察への相談件数であり、実際に被害に遭っていても相談しないケ−スもあり、実際の被害者数はこの程度ではまずないと予想できます。

□ ストーカー犯が特定できない場合
ストーカー被害を受けているが、相手が特定できない場合には警察には相談できますが、ストーカー犯を特定するための捜査には期待できません。この様な場合には、監視調査を行うことで、ストーカーの特定や行動の把握が行えますますので、調査の結果を元に被害届けを出し法的な措置ができます。

□ ストーカー犯から「緊急避難」
ストーカー行為は早期に対処しないと、被害が深刻になる場合があります。 警察に被害の相談をしても、それだけでは安心して暮らせません。悪質で凶暴性のあるストーカーの場合には、加害者との距離を置く事が先決で、居場所が判明しない場所に緊急避難する必要があります。

ストーカー被害相談室の詳細ペ−ジ


徳島の嫌がらせ被害対策 器物破損 不法投棄

■ 被害が拡大する前に対策が必要です ■

いたずら・嫌がらせ問題の原因は、対人関係のもつれや身に覚えがない誤解を発端として始まり、知らないうちに恨みへと変っていきます。はじめは単なるイタズラだと思っていても、その行為は悪質になり窓ガラスを割られたり、車を傷つけられる等、多大な被害を受けると共に、身に危険を及ぼす場合があります。

この様なイタズラや嫌がらせの行為の中で最も多いのが、車を傷つけられることで、これは単なるイタズラ行為では無く器物破損の犯罪行為になります。器物破損で被害届けを提出しても実行犯が特定できる証拠がないと、警察も犯人を逮捕することはできず、繰り返し被害を受けることがあります。この問題を根本的に解決するためには、犯罪行為の決定的な証拠を収集する必要があります。明確な証拠も無く憶測だけで自分なりに解決しようと、実行犯と思われる人物に対して抗議した場合には、逆に悪化して行為がエスカレートすることもあります。

嫌がらせ被害対策の詳細ペ−ジ


徳島DV被害相談室  DV被害者救済

■ DV被害者救済・現状からの脱出 ■

女性の4人に1人が配偶者からの暴力を経験し、10人に1人が繰り返し暴力を受けています。 内閣府が公表した資料によると、結婚経験のある女性のうち配偶者から、「身体的暴行」「心理的攻撃」「経済的圧迫」「性的強要」といった暴力を受けた経験があり、被害を受けた女性のうち約9人に1人が、命に危険を感じたことがあると答えています。 DVの加害者である配偶者の暴力が始まり、その暴力に一度屈してしまうと、貴女を自分の所有物のように考えます。

暴力を振るうが優しいときもある。私さえ我慢すれば夫もいずれ悪いことに自覚する。 今後の生活や子供の将来を考えると離婚できない。と考える方もいますが、この様な状態が慢性化すると、貴女は肉体的にも精神的にも多大な被害をうけることになります。 相談者の中には一度は離婚を決意しても、実行することができずに状況が更に悪化して、取り返しのつかない最悪の結果になることもあります。貴女自身の為にも子供の将来の為にも、人生をリセットすることも必要です。

DV被害相談室の詳細ペ−ジ


ジェイリサ−チ探偵事務所は、1987年徳島県徳島市で創業した探偵社です。
当探偵事務所は、全国ネットやフランチャイズ業者ではなく、創業以来地元徳島に密着した小さな探偵事務所です。配偶者の不貞行為の証拠収集や、不倫関係の解消、浮気の再発防止方法の提案まで、あなたの悩みが早期に解決できる様に全面的にサポ−トします。収集した 証拠資料については、離婚調停や離婚訴訟に必要な不貞行為の証拠や、不貞行為の相手に対する 損害賠償請求「慰謝料」の裁判資料として数多く利用されています。



浮気調査と浮気の悩みを解決する徳島県徳島市のジェイリサ−チ探偵事務所

浮気調査の依頼者は、離婚の為だけに調査を依頼するものではありません。
配偶者が浮気を繰り返し、夫婦関係が破綻状態の場合には、優位な立場で離婚する為の証拠収集目的で浮気調査を依頼されています。しかし配偶者の浮気が初めての場合には、80%以上の方は離婚ではなく、夫婦関係の再生を望まれています。 浮気の疑いから現実に直面した場合、何とかして浮気相手と別れさせ、元の生活を取り戻したいと考える方が多いと思います。当社は証拠を収集するだけの探偵社とは異なり、その証拠を元に不倫関係の根本的な解消と、浮気の再発防止方法を提案しています。

浮気調査・不倫調査のご相談は徳島県徳島市のジェイリサ−チ探偵事務所

配偶者が浮気をしていると感じた時は、何らかの変化に気がついたと思います。
妻の浮気を見抜くことは難しい場合がありますが、夫の浮気を見抜くことは意外と簡単です。

 浮気をしている夫は夫婦の会話が減少 夫婦の会話が少なくなる。夫婦生活の回数減少や拒否。
 浮気で帰宅時間が遅く残業が増えた 帰宅時間が遅くなる。残業や休日出勤が増える。
 浮気をしていると服装が変化する 服装の変化。身だしなみの変化。
 浮気相手に浪費 お金使いが荒くなった。カ−ドの利用が増えた。
 携帯を離さない 家庭内でも携帯やスマホを肌身離さず持っている。

特にガラケ−時代でかけ放題プランが無かった頃は、通話料金の変化から浮気が始まった時期を推測することができました。現在はこの方法での推測は難しいと思いますが、その扱い方で変化を確認することができ、以前は携帯やスマホをどこにでも置いていたのに、最近では常に身の回りに置き、トイレや風呂に入 るときも持ち歩く状況ですと、浮気をしていると考えた方が良いと思います。

但し、妻の浮気を見抜くことは簡単ではありません。男性のように日常の変化が明らかにな ることは少なく、男性のケ−スに当てはまる場合は、危機的な状態だと考えられます。

浮気調査と浮気の証拠収集は徳島県徳島市のジェイリサ−チ探偵事務所にご相談下さい

予算的に探偵社に調査を依頼できない場合。予想以上の見積金額で依頼を断念した場合。
当社では創業当時から、ご自身で証拠収集を希望される方に、調査方法の指導と調査機器 のレンタルを行っています。これは全国的にも珍しく徳島では、当社だけが行っている方法です。一般の探偵社の場合には、調査結果当然依頼者に説明しますが、 証拠収集のプロセスや調査手法は明かしません。探偵社のホ−ムペ−ジを見ると、「調査実績」「証拠収集能力」等のPR表現をしていますが、これは探偵が特殊な技術を持っているのでは無く、調査手法や証拠収集方法を身につけているだけで、この方法をマスタ−すると、 全く経験の無い方でも証拠収集を行うことは可能です。調査手法や証拠収集方法は当社が適切なアドバイスを行います。

浮気調査・不倫調査方法をサポ−トする徳島県徳島市のジェイリサ−チ探偵事務所にご相談を

不倫相手への慰謝料請求とは「不法行為による損害賠償請求」と言い、調停や裁判で行うこ とができます。個人的に浮気相手と交渉して慰謝料を請求される方もいますが、明確な不貞行為の証拠がある場合には、正式な鉄続きで行うことが安全です。相手が全面的に不倫関係を認めて争う姿勢がない場合には、調停制度を利用すると費用面でも手続きも簡単です。裁判の場合でも特に難しいことでは無く、訴状の作成方法はネットでも公開されており、徳島地方裁判所でも説明してくれます。
但し、「慰謝料500万円」等の高額な請求をしても判決では大幅に減額されます。 証拠の収集を探偵社に依頼して、裁判では弁護士を付けた場合には、調査費用+弁護士費用 となり、慰謝料−調査費用−弁護士費用=(?) 配偶者の不貞が原因で離婚した場合にはある程度のお金は残りますが、離婚していない場合には期待はできないでしょう。

浮気調査と不倫調査にに失敗しない徳島の探偵社の選び方です。

Googleで探偵社徳島と検索すると数十ペ−ジの探偵社がヒットします。しかし、この中で徳島に実在する探偵社は数社だけで、その他は県外の業者で徳島に営業所も無く、探偵は県外から出張してきます。 徳島の地理を全く把握しない探偵が徳島で調査を行った場合、どうなると思いますか? 全国ネット、調査員○○○名、全国ネットとはフランチャイズの探偵社で、全体の規模は大きいと勘違いしますが、実際に調査をする探偵の経験には疑問があります。

調査の見積もりは、最低でも3社以上で行うこと。
同じ内容の見積りでも、A社=30万円 B社=100万円 C社=200万円、これは徳島で現実にあることです。相談や見積の場合には、匿名・匿住所で行い、その場で契約せず冷静になって考えから、後日依頼するのが安全です。 この様な内容を見ると、探偵社に対するイメ−ジが悪くなると思いますが、誠実な探偵社も数多くあります。探偵の衝動買いはとても危険なことです。


徳島県徳島市のジェイリサ−チ探偵事務所の個人情報保護方針です。

ジェイリサ−チ探偵事務所「徳島県徳島市八万町千鳥12番地19」徳島県公安委員会探偵業届出第80170001号 ジェイリサ−チ探偵事務所は、お客様からの信頼を第一と考え、個人情報の適切な保護と利 用を図るために、個人情報保護に関する法律及び、個人情報保護に関する法令を遵守します。
個人情報の取得
適正かつ公正な手段により、個人情報を取得致します。違法な手段により情報を収集することはありません。
個人情報の安全管理
ジェイリサ−チ探偵事務所の業務に従事する者は、正当な理由なく業務上知り得た個人情 報の漏洩防止のための安全管理措置を講じます。また、探偵業務に従事する者でなくなった場 合においても同様とします。
個人情報保護に関する基本方針
当社が業務上知り得た、調査依頼者の個人情報は、厳重に管理して、本人の事前の了承なく 第三者に開示することはありません。 但し、調査の結果を犯罪行為や違法な行為のために利用さけると判断した場合や、法令に基づ き裁判所検察庁、警察等から要請のあった場合はこの限りではありません。
個人情報の開示
当社は依頼者本人の個人情報に対する開示、訂正、削除、利用停止等のご要望があった場合 には原則として遅延無く対応致します。
個人情報に関するご質問、ご意見は下記までお問い合わせ下さい。
ジェイリサ−チ探偵事務所 
徳島県徳島市八万町千鳥12番地の19  TEL088−612−7388
徳島県公安委員会探偵業届出第80170001号

 
ページTOP

 

浮気調査は徳島のジェイリサ−チ探偵事務所

ジェイリサ−チ探偵事務所

〒770-8075徳島県
徳島市八万町千鳥12番地19

TEL 088-612-7388
FAX 088-677-3738
徳島県公安委員会探偵業届出
第80170001号


徳島県徳島市のジェイリサ−チ探偵事務所 相談フォ−ム



徳島のジェイリサ−チ探偵事務所スマートフォン版

徳島標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー